読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大衆演劇から学んだゆるやかな関係性

まだ先日の大衆演劇での経験が、こころにドカッと残っています。エクスマの藤村先生のブログにもよく出てくる言葉。

「ゆるやかな関係性」

www.ex-ma.com

大衆演劇では

役者とお客様。
お客様とお客様。
役者と役者。
この様な関係性の空間の中で、お芝居や舞踊ショーが演じられています。

この絶妙な関係性の空間で、知らない者同志が、同じ役者を応援したり、知っている歌を唄ったり、芝居を観て泣いたり、笑ったり様々な感情表現を体験して、帰りには出口で演者に送り出され、人間らしい感情や共感、共鳴を同じ小屋の中で吸った人が、また元の自分の場所に帰り日々の生活を送る。

人間らしい温もりを感じる空間。これは間違いない。

あそこに行けば元気になれる!
あそこに行けば愉しめる!
あそこに行けばおもしろい!

僕たちにはそんな場所がどれくらいあるだろう。
そんな場所やコミュニティーをたくさん持つことが、最幸の人生を送れる。
しばらく大衆演劇にハマりそうな僕であります。

f:id:omake888:20170305102540j:plain